ゑぇじゃないか祭り

泉佐野市を中心に地域や世代など
あらゆる垣根を越えて一丸となって取り組む
笑顔と活気にあふれた「よさこい祭り」です。

維新変革期、民衆が世直しを求めて発生したという「ええじゃないか」に象徴される踊りのパワーにあやかり、財政難で喘ぐ地元に、活力と元気を取り戻そうと、泉佐野市を拠点に活動するよさこいチーム「泉州ソーリャ踊り子隊(代表 藤田純子)」が呼びかけ、2004年に「にぎわい夢創りプロジェクト実行委員会」を設立。同年10月、誰もが持つ素晴らしい自己のエネルギーを発揮できる祭り「ゑぇじゃないか祭り」を旗揚げしました。

以来、地元の元気な中高年の女性達で構成する「泉州ソーリャ踊り子隊」のメンバーや社会人、学生ボランティアがゑぇじゃないか祭りを支えています。踊り子としても活動するメンバーが多いからこそ、踊り子達の気持も理解でき、参加者からは、大阪の人情溢れる良いお祭りと高く評価されています。
地域を越えて、世代を越えて、あらゆる垣根を越えて一丸となって取り組み、笑顔と活気にあふれたお祭りに成長しています。

ゑぇじゃないか祭り第17回ポスター

実行委員長 挨拶

あなたの明日が踊りだす

2004年に立ち上げた泉州YOSAKOIゑぇじゃないか祭り。
2016年から実行委員長を先代の藤田純子から引き継ぎました。

当初は僕にとって、街の活性化のための手段であったよさこい。
実行委員として関わっていくうちに、踊り子の皆さんの笑顔に魅せられ、ただの手段ではなくなりました。

コロナウイルス流行もあり、人を集めるということ自体が難しくなっている時代。
よさこい祭りを運営することは本当に難しくなりました。

でも。
よさこい祭りという輝けるステージがあるからこそ、日常を頑張れる。
そんな皆さんを本気で応援したい。
僕たちはあきらめません。
あがいて!あがいて!あがき続けます!

開催できた時は、思いっきり楽しんでください!
開催できなかったときは、思いっきり応援してください!

今後も、指折り数えて、前の晩は眠れなくなるような「ワクワクするゑ祭り」を目指して活動していきたいと思います。

今後とも、ゑぇじゃないか劇場をお楽しみください。

ゑぇじゃないか祭り実行委員長
水取 博隆

ゑぇじゃないか祭りスポンサー企業