ホーム

【第17回ゑぇじゃないか祭り開催についてお知らせ】

10月16・17日を開催を予定していた第17回ゑぇじゃないか祭りについて実行委員一同検討を重ねた結果、秋開催を見送らせていただき、来年3月20日(日)に開催を延期させていただくことになりました。
開催を楽しみにしていてくださった皆様、どうか来年の3月20日の開催を楽しみにお待ちいただきたいです☺️
実行委員一同、3月の開催に向け全力で引き続き準備を進めて参ります✨
状況は日々変わっており、主催者にとっても難しい時期が続いておりますが、継続して夕日を見る会など比較的小さなイベントを開催し、よさこいに触れ、楽しむ機会を作っていきたいと思います😌
皆さん、私たちは変わらず前を向き続けています✨
これからもゑぇじゃないか祭りと共に!よさこいの灯火を絶やすことなく心を一つに、繋がっていきましょう😊
今後ともよろしくお願いいたします🙇🏻✨
ゑぇじゃないか祭り実行委員会
実行委員一同

第15回フォトコンテスト入賞作品公開しました!

スライドショーには JavaScript が必要です。

ゑえじゃないか祭りとは?

main_img 維新変革期、民衆が世直しを求めて発生したという「ええじゃないか」に象徴される踊りのパワーにあやかり、財政難で喘ぐ地元に、活力と元気を取り戻そうと、泉佐野市を拠点に活動するよさこいチーム「泉州ソーリャ踊り子隊(代表 藤田純子)」が呼びかけ、2004年に「にぎわい夢創りプロジェクト実行委員会」を設立。同年10月、誰もが持つ素晴らしい自己のエネルギーを発揮できる祭り「ゑぇじゃないか祭り」を旗揚げしました。
運営資金集めからガイドブックの制作、タイムスケジュールの作成、当日の舞台進行、受付、警備、清掃活動にいたるまで、地元の元気な中高年の女性達で構成する「泉州ソーリャ踊り子隊」のメンバーや学生ボランティアがゑぇじゃないか祭りを支えています。踊り子としても活動するメンバーが多いからこそ、踊り子達の気持も理解でき、参加者からは、大阪の人情溢れる良いお祭りと高く評価されています。
昨年第13回では踊り子約5000人の参加を超え、地域を越えて、世代を越えて、あらゆる垣根を越えて、みんなが一丸となって取り組み、笑顔と活気にあふれたお祭りに成長しています。
また、2016年より実行委員長を藤田純子から水取博隆が引き継がせていただきました。今後も永続的にゑぇじゃないか祭りが開催していきたいと考えておりますので、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

実行委員長 挨拶

DSC_8092

 最初に、数あるよさこい祭りから、ゑぇじゃないか祭りを選んで、ご参加いただいているよさこいチームの皆様、会場に足を運んでいただいている観客の皆様、支えていただいている企業・個人の皆様、そしてゑぇじゃないか祭りの最大の魅力を創っていただいているボランティアスタッフの皆様に厚く御礼申し上げます。
皆さまのおげで、ゑぇじゃないか祭りは第16回目を迎えることができます。
ゑぇじゃないか祭りの魅力は、市民主体で開催する「あたたかさ」です。その素晴らしい伝統を保ちながら、「楽しかった」「来年も来たい」と皆様に思っていただけるよさこい祭りにしていくと共に、常に次の「ゑぇじゃないか祭り」を皆様と一緒に作り上げることに挑戦していきたいと思います。
本年もゑぇじゃないか祭りを大成功に導くためにも、皆様のご理解とご協力、そしてご支援を賜りますようお願い申し上げ、実行委員長の挨拶とさせていただきます。

ゑぇじゃないか祭り実行委員会

 実行委員長 水取 博隆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする